Now loading...

アビスパ情報

2018年6月17日

J2 第19節 vs アルビレックス新潟



J2第19節。
レベスタでは6連勝中の首位アビスパは新潟と対戦。


試合は、前半16分。
新潟のコーナーキック。
キーパー圍のクリアが小さく
ピンチを迎えるも
ここは岩下が体を張ったブロック。
得点を許しません。


アビスパは20分。
鈴木惇の縦パスに森本が反応。
しかし、あと一歩届きません。


41分は、
新潟のフリーキックからターレス!

(ヘッド)

ここはバーを直撃。
アビスパ、前半をスコアレスで終えます。


後半最初のチャンスはアビスパ
輪湖のクロスにドゥドゥ!

(ヘッド)

精度のいいクロスも
うまく合わせられません。


20分には、
相手CKから決定的なピンチを
輪湖がゴール前でヘディングでクリア!
ゴールを死守します。


しかし、30分でした。
新潟・安田がFKから直接ゴール!
アビスパ、4試合ぶりに失点、先制を許します。


それでも終了間際、
途中出場のルーキー木戸のスルーパスに輪湖!

(シュート)

しかし、輪湖のトラップが
少し外に流れシュートは枠の外―


するとアディショナルタイム。
前がかりになったところを新潟に突かれ
追加点を許したアビスパ。


2対0で敗れホーム・レベスタでの連勝も6でストップ。
首位も陥落しています。



【石川アナ】
「輪湖選手のゴール前で体を張った守備もありましたが。」


【輪湖選手】
「失点したくなかったですし、
 そういった気持ちがプレーにでたと思います。」

【石川アナ】
「J2上位は混沌としていますが。」

【輪湖選手】
「連敗は絶対にしてはいけないと思いますし、
 次節の大分を叩けばまた上にいけると思うので、
 しっかり準備してチーム1つになって戦っていきたいと思います。」


メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...