Now loading...

アビスパ情報

2017年5月14日

福岡から”世界”へ U-20日本代表 冨安健洋(アビスパ福岡)


【冨安選手】
「日の丸を背負うと同時にアビスパも背負って戦うわけなので、
 世界に向けて、日本・アビスパ・そして自分も売り出していけるように―」

5月20日に開幕する
U-20ワールドカップ韓国大会のメンバー発表

【内山監督】(今月2日会見)
「冨安健洋です。」

アビスパから選出された DF・冨安健洋(とみやす・たけひろ)


博多区三筑小学校出身
生粋の福岡育ちのサッカー小僧が
世界の舞台に挑む―



2015年 高校2年生ながら
アビスパと契約を結び
プロ生活をスタートした冨安

【冨安選手】
「最終的には代表になりたいです。」

プロ1年目の去年
クラブ史上最年少 17歳8か月でJリーグデビュー
J1の舞台で10試合に出場。 一躍脚光を浴びた。


普段はクラブで寮生活
この冨安をプロに引き上げたのが
現在の指揮官・井原正巳監督。

【井原監督】
「ユースの時代、練習に参加していた時から、
 中盤でプレーすれば運動量、そしてボール奪取能力というのは非常に高かったし、
 絶対に将来的には”すごい選手になるな”という
 試合を積む事で、より自信と成長に繋がるのかなと思って、トップに上げました。」


現役時代「アジアの壁」と称され
日本サッカー界を牽引した
井原監督も惚れ込んだ才能。

共にプレーするチームメイトは―

【岩下選手】
「若々しさがない。こう…何というんですかね。ベテランの風格」
【中村北斗選手】
「人柄は真面目ですよ。まぁ見たとおりですけどね。」


ニックネームは「おじいちゃん」
それは、風貌だけでなくプレースタイルも関係している

【岩下選手】
「やっぱり頼りがいがあるというか、
 すごい、プレーエリアも広いですし、
 案外、みんなが出来ないようなことを、さらっとやれますし
 そういうところが彼の…
 何といいますかね。若さの無さなのかなと思いますけどね。」
【中村北斗選手】
「やっぱり日本人離れした足の長さだったり、
 ちょっと外人ぽい感じの、そこ届くかというところもグイッとかっさられるような、」


【冨安選手】
Q先輩たちから話を聞くと本当に18歳なのかよと
「(笑)未だにいじられますね。」

Qプレーでも落ち着きがあると聞いたが
「いや全然、落ち着いていないですね。自分の中では、常にバタバタしながら、
 全然落ち着いてやっているという感覚は自分の中ではないです。」

Qその感覚はまだまだやれると
「そうですね。まだまだ、もっともっとやれるという風に自分の中では思っています。」


18歳 Jリーグでレギュラーの座を掴み 
少しは天狗になってもおかしくない年頃。

しかし、本人は常に「謙虚」

U-20ワールドカップ出場権を掴んだ
アジア選手権での優勝セレモニーでは
1番隅で仲間と喜びを分かち合った。


【冨安選手】
Q優勝セレモニーすごく謙虚でしたよね
「(笑顔)別にそういうところで目立ちたい訳でもないので、
 まぁ端っこのほうで、写真とかも端っこのほうが好きなので(笑)
 まぁみんなが盛り上がっているのを見ていれば全然自分はいいという感じなので、」


そんな「冨安のルーツ」
小学生時代、冨安を指導していたのが
三筑キッカーズの辻寛二さん

【辻寛二さん】(三筑キッカーズ監督)
「今まで見てきた中で何人かあのくらいのクラスの子はいたんだけど、
 やっぱ前向きの姿勢、これがちょっと他の子たちと違うところがありますね。
 足の速さはとてつもない、おそらく福岡市内でも半端なかった足ですので、
 ひょっとしたらプロになるかなと思って―」

そしてセレクションを受け
中学生から、アビスパジュニアユースへ

【藤崎義孝さん】(アビスパ福岡U-15監督(当時))
「何を教えたかなというくらい、本当に基礎的なことしか言っていませんし、
 ちゃんと理解するし、それを継続できる力があったので、
 全部自分の力にしていったという感じですよね。
 最初はだから、そこまで、スーパーでもなかったし、
 それを1つずつ積み上げて成長していって、ここに来たなという感じはしますよね。」



今月10日に開かれた
U-20ワールドカップ壮行会
冨安を育てた人たちの笑顔がありました。

【冨安選手】
「三筑キッカーズのみんなもそうですし、
 アビスパのアカデミーのみんなも一緒にプレーできることを楽しみに、
 自分もU-20W杯でより成長して帰ってきたいと思っています。」


18歳の今
迎える「U-20ワールドカップ」

天性のものだけではなく
「継続する力」=「努力」なしに掴めなかった
日の丸のユニホーム


冨安が見据える「未来」―



【冨安選手】
「U-20W杯で自分という存在を、もちろんチームが勝つことが1番ですけど、
 世界に出ていくための大きなポイントになる大会だと思うので、」

Qやっぱり楽しみですか?
「そうですね。楽しみですね。」



メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...